担々麺 杉山


★お店の情報★    (デジカメ画像)

住所・電話 青梅市今寺4-5-20  (0428-31-9633)
道順 JR青梅線の東側の大通り、河辺駅と小作駅の中間にある「梨の木」交差点を今寺方面にひたすら北上し、ユニクロ青梅今寺店のある通り(青梅入間線)を右折したすぐ右手、雑貨屋ブルドッグ青梅店のとなり。最寄り駅からはかなり遠い。 [地図]
駐車場 店舗の南側に 12台
営業時間 11:30~14:00、17:30~20:00(スープがなくなり次第終了)
土・日・祝日 11:30~15:00、17:30~20:00(スープがなくなり次第終了)
定休日 火曜日、第二・四水曜日
席数 カウンタ 8席、テーブル 4席×4
メニュー [2021/2/7]
担々麺 960
小担々麺 530(夜のみ)
冷し担々麺(夏季のみ) 1070
大盛り +120

(一品)
黒豚角煮 290、上海焼売 410、搾菜 120
おかわりライス 100、おかわり杏仁 70

(トッピング)
大辛特製辣油 70、白葱 110、香菜(パクチー) 200、追加エビ 70

(お飲み物)
アサヒ スーパードライ 小瓶 440、ノンアルコールビール アサヒドライゼロ 400


(以前のメニュー)

(ランチメニュー)
担々麺 780円 (*) → 850円(*4) → 880円(*5) → 910円(*6)
冷し担々麺(夏季のみ) 980円 (*2) → 1010円(*6)

什錦炒麺(五目焼きそば、上海焼売・辣白菜(おしんこ)・香茹湯(スープ)・白飯・杏仁豆腐付き *)980円 → なし(*2)
木須肉(キクラゲと卵の炒め、上海焼売・辣白菜(おしんこ)・香茹湯(スープ)・白飯・杏仁豆腐付き *)980円 → なし(*2)
青椒肉絲(チンジャオロースー)飯(焼売・スープ・杏仁豆腐付き)980円 (*2) → なし(*4)

(一品)
黒豚角煮 270円(*) → 280円(*6)、上海焼売 380円(*3) → 390円(*6)、搾菜 80円(*3) → 90円(*6)

(トッピング)
大辛特製辣油 50円(*3) → 60円(*6)、白葱 80円(*3) → 90円(*6)

(お飲み物)
生ビール(プレミアムモルツ)480円 (*)、かめ出し紹興酒 380円 (*)、オレンジ・カルピス・ウーロン茶 各150円 (*)

(*) 2004/5/23 確認
(*2) 2004/7/18 確認
(*3) 2004/9/11 確認
(*4) 2006/11/19 確認
(*5) 2008/6/8~2013/5/19 確認
(*6) 2016/11/23 確認
その他 2003/11オープン、店主は杉山敏之氏。看板は「担々麺 杉山」になっている。卓上に担々麺のおいしい食べ方が書いてある。お冷やのおかわりは卓上のポット(木炭入り)⇒ステンレスポットに変わりました。店内禁煙。ティッシュあり。BGMはいわゆるBGM。
[公式サイト]

(公式サイト>こだわり より)
「一隅を照らす」
その強い思いで、2003年11月に担々麺専門店を開店いたしました。
一つ一つの厳選した素材を使い、分量、スープの火加減、煮立てる時間。
私はこれらのバランスがすべてだと思っています。
このバランスが一番いい状態になるよう、天地自然の法則と向き合いながら日々追究しています。

HOT PEPPER グルメ より)
担々麺 880円 独自の極上スープにのダシには、生タラ、干し海老、グリルした海老、かつお節、煮干し、げんこつ、とりがらを使用
上海焼売 380円 ジューシーで旨味が溢れる自家製焼売。お肉はランプ5対豚バラ5を使用。ボリュームたっぷり
黒豚角煮 270円 担々麺に合うように、甜麺醤を使ってじっくり煮込んだホロっと柔らかい逸品。白葱がさっぱりと味を引き立てる
 


★食べたラーメンの情報★

年月日 2004/05/23 13:00ごろ
実食メニュー 担々麺 (780円)
スープ 一旦丼で調味料・スープを合わせて、中華鍋に移して再加熱してから再度丼にスープを注ぐという変わった作り方。スープそのものは見た目白茶濁でゴマの風味が中心。表面には赤い油が浮いており、ゴマとスープのダシが効いているため見た目ほど辛くない。
太さ:細い 縮れ:ストレート麺
適度な硬さの茹で方。後半はややダレてくるので、硬め指定が良いかもしれない。(麺箱には何も書いていなかった。製麺機?が置いてあるので自家製麺か)。
具の種類:挽肉、野菜、エビ、香采(シャンツァイ)
挽肉:甘く濃いめの味付け。
野菜:キャベツ・モヤシ・人参・キクラゲを炒めたもの。
エビ:殻付きが丸ごと。オーブンでじっくりローストしてあるとのことで、丸ごと食べられる。
香采(シャンツァイ):個人的にダメ。
その他 ライスは希望によりサービス。残ったスープに入れるとまた違った味わいになる。食後に杏仁豆腐とジャスミンティーが出される。口の中がクールダウンされていい配慮だと思う。ほぼご主人一人で作っているため回転が悪いが、家族連れを含めて満席だった。
全体の評価 ★★ (美味しかった)

年月日 2004/07/18
実食メニュー 冷し担々麺 (980円)
つけ汁 よく冷えている。表面は真っ赤で辛そうだが、温かい担々麺同様にゴマがかなり効いているためかそれほど辛くない。挽肉が沈んでいる。
太さ:細い 縮れ:ストレート麺
種類は同じく細麺で、刻みのりがトッピングされている。水で締めているので硬めで弾力のある食感。量はたぶん同じ1玉。(自家製麺?)
具(別皿)の種類:味付玉子1/2、メンマ、ネギ、すだち1/2、香采(シャンツァイ)
味付玉子:黄身がやや半熟で、白身がうっすらと色づいている。
メンマ:柔らかめ。
ネギ:長ネギの白い部分の斜め切り。
香采(シャンツァイ):前回同様合わない。
その他 小丼に少量のライス(三つ葉トッピング)がだされる。残ったスープに入れるとまた違った味わいになる。食後に杏仁豆腐とジャスミンティーが出されるのは温かい担々麺と同様で、口の中がさっぱりされる。
全体の評価 ★★ (美味しかった)


活動報告の一覧に戻る
メインのページに戻る