いつ樹(いつき)



羽村市五ノ神4-7-3
042-519-4540
mapfan

11:30-14:30、17:30-21:00
土日祝 11:30-21:00


2007/7/25オープン。
渡なべスタイルの伊藤氏が独立。

2008/8/4から月曜日は「青樹」として営業

カウンタ 12席
禁煙 水セルフ
公式サイト
[2008/7/13現在]
(鯛だしらーめん)
鯛塩らーめん 700、味玉鯛塩らーめん 800、肉鯛塩らーめん 900、肉玉鯛塩らーめん 1000
鯛塩つけ麺 700(らーめんの食券を買う)
(濃厚海老つけ麺)
つけ麺 700、味玉つけ麺 800、肉つけ麺 900、肉玉つけ麺 1000、鬼盛りつけ麺 1100
坦々つけ麺 800
大盛り +100

肉 200、味玉 100、メンマ 100
スープ炊き飯 200、肉飯 350
ビール(ハートランド)小350・中450

 ◆ ◆ ◆

以前のメニュー
(鯛だしらーめん)
塩らーめん 680、味玉塩らーめん 780、肉塩らーめん 880、肉玉塩らーめん 980
(濃厚海老つけ麺)
つけ麺 680、味玉つけ麺 780、肉つけ麺 880、肉玉つけ麺 980、鬼盛りつけ麺 1000
大盛り +100

肉 200、味玉 100、メンマ 100、ねぎ・のり 100
スープ炊き飯 200、肉飯 350
黒ウーロン茶 200、ビール(ハートランド)小300・中400

 ◆ ◆ ◆

(開店当初)
醤油らーめん 680、味玉正油らーめん 780、肉正油らーめん 880、肉玉正油らーめん 980
【鯛塩らーめん】
\700

生の鯛を使った独特のスープで、若干海老の香りもする。海老油になったのかもしれない。

刻み玉ねぎが薬味になったことで、独特の鯛の臭みがより押さえらるようになった。
【塩らーめん】(開店当時)
\680

乾物系ではない魚の風味が強く、あら汁に近い雰囲気がある。

太めの縮れ麺は自家製麺(170g)。多加水の柔らかめだが違和感はない。
(提供終了)

【醤油らーめん】
\680

ベースのスープは塩と同じ。

麺は同じ。
三角形のメンマ。

開店当時はかなり硬かったが、繊維を残した柔らかめものに変わった。
(注)通常のチャーシューに変わりました)


豚一頭から二枚しか取れない「こめかみ肉」を醤油だれで煮込まれて柔らかい。
【つけ麺】
\680

ラーメンと麺が異なり太麺で硬すぎない歯ごたえが楽しめる。量は270gと多め。

つけ汁は濃厚でやや甘みがある醤油ベースで熱々。
海老の香ばしい風味があり、チャーシュー・メンマが入っている。

スープ割り/あつもり可能。
【鯛塩つけ麺】
\700

ベースは鯛塩らーめんと同じで、生姜を強めに効かせてある。
濃い目の塩味。

戻る レポートの一覧に戻る