星の家(ほしのや)


★お店の情報★   (デジカメ画像)

住所・電話 八王子市中野上町1−5−12  (0426-22-2511)
道順 JR 八王子駅から旧16号を北へ、浅川橋を渡って約30m先の小径を左折(案内看板あり)、1つ目の角を右折(案内看板あり)した突き当たりに専用駐車場あり。そこから徒歩すぐ。 [地図]
駐車場 10台程度、路駐不可
営業時間 火曜日〜土曜日 11:00〜18:00
日曜日・祝日 11:00〜19:00
定休日 月曜日(祝日の場合は翌日)
席数 カウンタ 15席程度、テーブル4席×3、6席×2
メニュー [98/02/01]
南京ラーメン
(並)600円、(大)700円、(特大)800円
チャーシューメン
(並)1000円、(大)1100円、(特大)1200円
玉子入り、トロロコブ入り +50円
ビール 600円、コーラ・ジュース 150円、メンマ 200円
その他 昭和52年(1977年)創業で、八王子のラーメン店では老舗といえるお店で、ファンが多い。住宅地の中にあるが、広い駐車場完備。壁に星野昭雄・幸子さんあての表彰状が飾ってあった。厨房の中は女性のみ。お冷やが氷水なのはうれしい。ティッシュあり。
H12.11から麺の硬め指定が不可となった。
【南京ラーメンについて】 H11に女将さんに取材させていただいた際におっしゃっていたのは、明治初期はラーメンを中華そば・南京そばなどと言っていて、南京+ラーメンの造語だそう。そのような分類のラーメンがある訳ではないが、店名は正確には「南京ラーメン総本家 星の家」。


★食べたラーメンの情報★

年月日 98/02/01 10:30ごろ
実食メニュー 南京ラーメン・並 (600円)
スープ 色:透明な濃い醤油色  脂:透明な脂が多目
味:牛テール・貝柱などの独特の甘さ・風味があって最後まで美味しく食べられる。かなり好みの味。
太さ:細い  縮れ:縮れ麺
柔らかい。スープを適度に吸ってこのスープにはあっているという意見もあるが、堅めの麺でも食べてみたい。(厨房とカウンタの間の仕切があって、厨房の中が良く見えなく麺箱は見えなかった。)
具の種類:チャーシュー、メンマ、ノリ小、ナルト、刻みタマネギ。
チャーシュー:脂が多目のバラ肉ロールで柔らかい。味付けは薄目で肉の風味があって美味しい。
メンマ:歯ごたえが良く、味付けは薄目で風味がよい。
刻みタマネギ:小間切れでなくやや長めの切り方。オニオンスライスの短めという感じで、後半はシャキシャキとした食感がなくなる。
その他 11:00営業開始なのに、10:30に行ったら入れてくれた。
全体の評価 ★★★(また行きたい)


年月日 99/03/07 13:30ごろ
実食メニュー チャーシューメン・並・麺硬め (1000円)
スープ 前回と同じ。独特の甘めのあるスープ。
太さ:細い  縮れ:縮れ麺
堅めでもかなり柔らかい。
具の種類:チャーシュー5枚、メンマ、ノリ小、ナルト、刻みタマネギ。
チャーシューが4枚追加されている。5枚のうち2枚は箸で摘むと崩れるほど柔らかい。前回とは違う印象。味は薄めで美味しい。
その他 13:00過ぎに行ったら8人待ちで約15分と相変わらずの人気店。席に着いた時点で食べている人はほとんどいなかったが、たまたま麺の茹で湯の交換時期だったのだろうか。
全体の評価 ★★★(また行きたい)


年月日 2002/06/23 14:00ごろ
実食メニュー 南京ラーメン・並+玉子 (600円+50円)
スープ 前回と同じ。甘めであるがしつこさはない。
柔らかくてスープを充分に吸って味が付いている印象。
具の種類:チャーシュー、メンマ、茹で玉子2/2、ノリ小、ナルト、刻みタマネギ
チャーシュー:前回同様
茹で玉子:黄身まで固茹で。スープに浸していると濃い醤油スープのためうっすらと色付いてくる。
その他 昼の繁忙時間をずらして行ったので待ちはなく比較的空いていたものの、それでもひっきりなしにお客さんが来店するという相変わらずの人気店。年齢層が高いお客さんが多いのもお店の特徴のようだ。
全体の評価 ★★★(また行きたい)


活動報告の一覧に戻る
メインのページに戻る