AFURI(あふり)


★お店の情報★

住所・電話 渋谷区恵比寿1−1−7  (03-5795-0750)
道順 恵比寿駅から西口を出て駒沢通りを「渋谷橋」交差点方面へ向かい、「恵比寿一丁目」交差点の一つ先の小路を右折した左手。mapfan
駐車場 なし、路駐不可
営業時間 11:00〜23:00
定休日 なし?
席数 カウンタ 25席程度
メニュー (ラーメン)
塩らーめん・醤油らーめん 各750円
(トッピング)
鶏油 50円、味付玉子・海苔・HOT・炙りチャーシュー 各100円
(ごはん)
肉こばん 430円、竹の子ごはん 380円、タレごはん 280円、ごはん 200円
(ビール)
琥珀の時間(とき) 中600円、小280円
その他 2003/6/19オープンで、「ZUND−BAR」@厚木が手がける都内初進出のお店。店名の由来は、実弟の「中村屋」@高座渋谷のスープ工場にもなってる「ZUND−BAR」@厚木の近くにある大山(神奈川県伊勢原市)の別名が「阿夫利(あふり)」と言うことところかららしい。自販機による食券制。お冷のおかわりは卓上のポット。BGMはポップス。ティッシュはないが紙ナプキンが置いてある。


★食べたラーメンの情報★

年月日 2003/6/30
実食メニュー 醤油らーめん (750円)
スープ 色:透明で薄めの褐色  脂:透明な脂が浮いている
味:和風魚系と香ばしい風味がする上品な味。シャープさとまろやかさのある味付け。揚げネギがアクセントになっている。
太さ:極細  縮れ:軽いウェーブがかかっている
極細といっても博多の麺とは違ってしなやかさがある。細い割りに硬めの食感で、スープとの相性は良い。
具の種類:チャーシュー、メンマ、味付玉子1/2、ノリ、ネギ、水菜
チャーシュー:タレを付けて炙ったもの。脂が少な目の肩ロースで柔らかくしっかりとした味付けで、フレッシュさがある。炙った香ばしさをもう少し出すと、全体がまた違った印象になると思う。
メンマ:普通。
味付玉子:黄身がゼリー状の半熟で、全体によく味が染みている。
ネギ:長ネギの白い部分の微塵切り。
その他 レベルが高いことはわかるが、価格も高い。開店当時不評だった枕木は撤去されてコンクリートになっていたが、匂いは若干残っていた。
全体の評価 ★★ (美味しかった)


活動報告の一覧に戻る
メインのページに戻る