煮干中華 余韻(よいん)


相模原市中央区相模原4-6-6
 [地図]
050-8881-0405


11:30〜15:00、18:00〜20:00
日曜祝日休

カウンター 8席
自販機による食券制

最寄り駅は JR横浜線 相模原駅
Pなし、近隣にコインPあり


2021/6/24 オープン
貝だしラーメン 貝ガラ屋@淵野辺の元店主 永山尚吾氏の煮干ラーメン専門店

[Twitter]

外観撮影 2022/3/8



2021/10 第22回 TRYラーメン大賞 2021-2022
 新人賞 にぼし部門 3位  「凝縮煮干」(現・煮干中華ソバ)


[2022/3/8]   2022/1/5 アッサリな煮干しラーメンに変更

【ダシにぼしそば】 (細麺)
ダシにぼしそば [2022/3/8] 800、にく・ダシにぼしそば 1000
【にぼしつけ麺】 (太麺、あつもり不可)
にぼしつけ麺 900、にく・にぼしつけ麺 1100
大盛 +100

メンマ 100

ライス 70、チャーシュー丼 250、定食屋の肉豆腐丼 小150/大 200




(以前のメニュー)
[2021/10/25]

  • 麺カタは不可
  • ワンオペのため替え玉の食券ははじめに出す
  • 特は 味玉・チャーシュー1枚増し
【定番煮干し】
煮干中華ソバ 850、味玉煮干中華ソバ [2021/10/25] 950、特煮干中華ソバ 1050、チャーシュー煮干中華ソバ 1150
【カニミソバター】
蟹ミソ煮干ソバ 880、味玉蟹ミソ煮干ソバ 980、特蟹ミソ煮干ソバ 1080、チャーシュー蟹ミソ煮干ソバ 1180
【ウニリッチ】
雲丹煮干ソバ 900、味玉雲丹煮干ソバ 1000、特雲丹煮干ソバ 1100、チャーシュー雲丹煮干ソバ 1200
替玉 200・替玉ハーフ 150
味玉 100、チャーシュー 300
焼豚丼 300、ライス 70

(POPより)   2021/10/25

・スープ  煮干しのいい所だけをしぼりとり凝縮
 大小4種の煮干し、阿波尾鶏、豚骨

・ダレ  煮干しをひきだすうす口醤油に、熟成生醤油でうまみをプラス
 島根奥出雲丸 大豆うす口醤油、島根奥出雲 三年熟成生醤油

・麺  小麦香る弾力、しなやかな麺
 「麦の香」プロデュース 小麦十割麺

・チャーシュー  ホロホロトロトロうで肉
 やまゆりポーク、はまポーク、湘南ポーク(その日によって) 神奈川県産使用

 



卓上の調味料など

卓上の薬味
[2022/3/8]


ブラックペッパーミル
一味唐辛子


食券機のPOP
[2022/3/8]


ダシにぼしそば
 細麺、あっさり

にぼしつけ麺 (あつもり不可)
 太麺、こってり




 
ダシにぼしそば

【ダシにぼしそば】
[2022/3/8]
¥850


透明な醤油スープながら、見た目に反して、煮干しが強烈に効いている。

煮干しの旨味が十分に染み出てインパクトがありつつ、丁寧さも感じる。

味付けは醤油の旨味があるが、塩分が強め。



麺は細縮れ。
適度な硬さの茹で上げで、しなやかさもある。
(「菅野製麺所」の麺箱あり)



チャーシューは大判のバラ肉。
しっとり柔らかく肉の旨味がある。

メンマは穂先メンマで柔らかい。

薬味は三つ葉。



引き算スープになるのかな?
どうやったら透明なスープなのに強烈な煮干しを効かせられるのだろう?。
従前とどちらが好きかは、個人の好みによる。
個人的には、こちらの方が他にない味わいで好きかもしれない。

チャーシュー

スープ

メンマ




 
煮干中華ソバ

外観
[2021/10/25]


卓上の薬味
[2021/10/25]


ブラックペッパーミル


【味玉煮干中華ソバ】
[2021/10/25]
¥950


やや灰色を帯びた茶濁スープは、まろやかな豚骨・鶏の動物系に、強めの煮干しを合わせたもの。

煮干しの旨味が十分に染み出てインパクトがありつつ、丁寧さも感じる。

従前のメニュー名が「凝縮煮干」と言うのが良くわかる。

味付けは醤油の旨味があるが、塩分がかなり強く、スープを存分に楽しめなかったのが残念。



麺は軽いウェーブの細麺。
適度な硬さの茹で上げで、モチッ・サクッとした食感があり、しなやかさもある。
(「麦の香」プロデュース)



チャーシューは大判のうで肉。
柔らかく肉の旨味がある。

味玉は、黄味がトロッとした半熟で、白身は全体的に色づいている。しっかりとした味付け。

メンマは極太で柔らかい。

その他の具は、海苔。

薬味は長ネギの小口切りが少量。



丁寧さを感じる一杯。
塩分の強さだけが残念。

チャーシュー

スープ

味玉

メンマ



戻る レポートの一覧に戻る