超純水採麺 天国屋(ちょうじゅんすいさいめん てんごくや)


町田市金森1774-1 [地図
042-799-4878

11:30〜14:30、17:00〜19:45
土日祝 11:30〜19:45(売り切れ終了)
*2013/12からは 11:00〜
無休

カウンタ 16席、禁煙
自販機による食券制

最寄り駅は JR横浜線 成瀬駅
P多数あり(玉屋 光助(パチンコ・スロットル店)のPを利用可)


2007/12 『地獄ラーメン 天国屋』オープン
2013/11/23 『超純水採麺 天国屋』にリニューアルオープン

[Facebook]  [Twitter]

[2013/11/28]

【超純水系】
鶏白醤油麺 800、鶏醤油麺 750、鶏塩麺 700
鶏鮭塩麺 730
焙煎ウルメ正油・焙煎ウルメ塩 750
生正油麺 650
鮭節醤油麺 650

【ジャンキー系】
地獄ラーメン 750、地獄チャーシュー 1000
豚骨ラーメン 650、豚骨チャーシュー 950
味噌麺 780
つけ麺・辛つけ麺・塩梅つけ麺 750

麺大盛り +100、替え玉 150・半替え玉 100

味玉・大根・のり 100、ワカメ 150、穂先メンマ・メンマ 200、トリチャーシュー 4枚 250、豚チャーシュー 300、低温豚肉 300

ミニチャーシュー丼・ミニチキン丼 250、ライス 大 150・小 100

おつまみ盛り合わせ 350
ビール 550
 



純水鶏採麺スープ
水は逆浸透(R・O)水を使用し、国産の厳選した鶏ガラと丸鶏と鶏の各部位を使用し抽出したスープ
・有機白醤油ダレは愛知県七福醸造有機白醤油
・塩ダレは北海道宗谷岬と沖縄の塩とホタテ貝のひも等を使用
・正油ダレは岡直三郎商店生揚げ正油
・麺は北海道産 春よ恋使用
 細麺 140g または 180g、手打ち太麺 160g または 200g
 それ以上の麺の増量は不可

純水鮭節麺スープ
水は逆浸透(R・O)水を使用し、鬼昆布・糸目昆布、ウルメ鰯煮干しに鮭節を加え風味豊かに抽出したスープ
・動物系は鶏油のみ(岡山県産 吉備鶏の脂)
・正油ダレは岡直三郎商店生揚げ正油
・麺は全粒粉入り細麺 140g、大盛り +100

純水生正油麺スープ
水は逆浸透(R・O)水を使用し、豚肉から抽出したスープ
・岡山県産 吉備鶏の脂
・正油ダレは岡直三郎商店生揚げ溜まり正油
・麺は全粒粉入り細麺 140g、大盛り +100

焙煎ウルメスープ
水は逆浸透(R・O)水を使用し、長崎県産または千葉県産ウルメ鰯煮干しを氷結し、徐々に熱を加え抽出
・塩ダレは北海道宗谷岬と沖縄の塩とホタテ貝のひも等を使用
・正油ダレは岡直三郎商店生揚げ正油
・麺は北海道産 春よ恋使用 140g または 180g
 トッピング追加は味付け玉子のみ可能

 




鶏塩麺

【鷄塩麺 180g+味玉(塩)】
[2013/11/28]
¥700+¥100


表面には黄色い脂(鶏油)が多めに浮いている。
鶏ベースのスープは風味が強くはなく、食べ進むにつれてじわじわと効いてくる。

インパクトではなく、バランスの良さを重視したスープ。

味付けは柔らかくまろやかな塩で、ベースのスープの味わいが良く伝わってくる。


麺は細麺ストレートで適度な硬さの茹で上げ。表面が滑らかすぎずスープを適度に持ち上げる。
(三河屋製麺の麺箱があったが、麺の仕入れ先がいくつかあるらしい)


薬味は白髪ネギと三つ葉。


非常にバランスがよく、丁寧に作られたことが食べ手に伝わってくる自分好みの一杯。

チャーシューは脂が多い部分と少ない鶏モモ肉の二種。

脂が多い部分は片面を炙ってあるため、脂の香ばしさが特徴的。

モモは低温調理だろうか、脂がほとんどないがぱさつきは皆無で上質。

味玉は最初から半分入っている。

白身はほとんど色がついておらず、黄身はしっとりとした半熟。

味付けは濃すぎずに、むしろ甘みを感じる。

追加した味玉、塩と醤油を選択できるので塩で。

最初から入っている味玉と同じ味だが、スープととても合っているので、ダブっても損をした気分にはならない。

穂先メンマは風味が良い。

スープのアップ

丼は鋭角の切り立ち




その他

卓上の調味料は、胡椒のみ

壁にある蘊蓄

食券の自販機

心意気?

『純水から素材の旨みを採る
 シンプル イズ ベスト』

リニューアルのお祝い

ボクシング関係が多い

店頭の立て看板

平打ち細麺が登場予定らしい

外観を別角度から

玉屋 光助(パチンコ・スロットル店)の敷地内にある。
右奥に見えるのが立体駐車場。



戻る レポートの一覧に戻る