らーめん 鴨福(かもふく)


八王子市新町1-17 [地図]
電話番号不明

11:45〜14:30、18:00〜21:00
月曜休


カウンタ 8席
自販機による食券制

Pなし、至近にコインPあり


2018年1月9日開店
店主は、三井田浩一氏
大和ラーメン学校(大和製作所)出身
化学調味料未使用、自家製麺


(沿革)
2017/02/16 鴨と軍鶏 開店
2017/05/25 閉店
2017/06/21 倶梨伽羅 開店
2018/01/? 閉店
2018/01/09 鴨福 開店

[公式サイト] [Twitter]

お店の外観
[2018/1/10]

[2018/2/18]     アンダーラインのあるメニューは、直接ジャンプできます

鴨醤油らーめん 780 [2018/1/9] [2018/1/12] [2018/2/18] [2018/5/8]
鴨塩らーめん 780 [2018/1/10]

つけ麺 800
フォアグラつけ麺 1000


【限定メニュー】


大盛 100
和え玉 200

味玉・鴨チャーシュー 3枚、厚切りイベリコチャーシュー 100

ライス 100、鴨飯 250、イベリコ丼 300


(提供予定)
濃厚鴨白湯 800
蕎麦玉 300
豚めし 300


(以前のメニュー)
鴨チャーシュー 4枚 100
イベリコチャーシュー 1枚 100
イベリコとキノコのカレー 300

【蘊蓄(公式サイトより要約)】

鴨だし醤油らーめん
鴨福の看板商品です。
スープには北海道天然羅臼昆布や選び抜いた煮干し、鰹などをブレンドして作り上げた旨みたっぷりのスープに鴨だしが一番出る鴨のネックのみを使用した風味たっぷりのスープです。
スープに合わせる醤油ダレには和歌山県の湯浅醤油を使用し醤油の旨み、コクを活かした濃口のタレに仕上げています。
香味油には上質な脂を取るために飼育された特殊な鴨の脂を使用しています。
麺は全粒粉入りの小麦の香り豊かな多加水平打ち麺です。
具材は鴨のスモーク、イベリコ豚チャーシュー三つ葉など
※ご希望により細麺のあっさりもお作り出来ます。

鴨だし塩らーめん
スープには北海道天然羅臼昆布や選び抜いた煮干し、鰹などをブレンドして作り上げた旨みたっぷりのスープに鴨だしが一番出る鴨のネックのみを使用した風味たっぷりのスープです。
塩だれはキリッとした塩分、旨みコクがありながらもあっさりとしています。
香味油には上質な脂を取るために飼育された特殊な鴨の脂を使用しています。
具材は鴨のスモーク、イベリコ豚チャーシュー三つ葉など
麺は低加水の歯ごたえの良い麺です。
※ご希望により太麺でもお作りできます。

鴨だしつけ麺
スープには北海道天然羅臼昆布や選び抜いた煮干し、鰹などをブレンドして作り上げた旨みたっぷりのスープに鴨だしが一番出る鴨のネックのみを使用した風味たっぷりのスープです。
スープに合わせる醤油ダレには和歌山県の湯浅醤油を使用し醤油の旨み、コクを活かした濃口のタレに仕上げています。
香味油には上質な脂を取るために飼育された特殊な鴨の脂を使用しています。
麺は全粒粉入りの小麦の香り豊かな中太平打ち麺です。
具材は鴨のスモーク、イベリコ豚チャーシュー三つ葉など

フォアグラつけ麺
リピート率の高い人気商品です。
厳選した上質な鴨のフォアグラをスープに溶かし込んでいます。フォアグラの甘み、旨み、風味がダイレクトに伝わってきます。フォアグラ好きの店主がどうしてもやりたかったこだわりの一品です。
麺は全粒粉入りの小麦の香り豊かな中太平打ち麺です。
香味油は勿論フォアグラオイルです。
具材は鴨のスモーク、イベリコ豚チャーシュー三つ葉など
 
   



その他

卓上の調味料
[2018/1/9]


ブラックペッパーミル

席ごとにトレイとダスターがセットされている

水はセルフサービス




 
鴨醤油らーめん

【鴨醤油らーめん】
[2018/1/9]
\780


鴨の風味がきっちりと香り、和風魚系の素材が奥深さを演出している印象。

表面には透明な香味油が浮いている。

味付けは湯浅醤油@和歌山なので、香ばしさとやや甘みがある。
塩味はやや強め。

揚げネギは主張しすぎずに、適度なアクセントになっている。


麺は超幅広のほぼストレート。
ホシが練り込まれているので、全粒粉を使用しているのかも?
適度な硬さの茹で上げで、しっかりとした歯応えがあり、スープとの相性は良好。
(自家製麺)


チャーシューは豚と鴨の二種。

イベリコ豚のレアチャーシューは赤みを帯びたピンク色。柔らかくて薄味で肉の美味しさが良くわかる。

鴨肉チャーシューはスモークした薫香と鴨の旨味がたっぷり。

薬味は、長ネギの白い部分と、三つ葉の葉の部分のみじん切り。

イベリコ豚チャーシューとスモーク鴨肉




 
鴨醤油らーめん

【鴨醤油らーめん】
[2018/1/12]
\780


前回に比べて、麺と味付けを変更したとのことで再食。

醤油ダレは甘味が強調され、味付けがやや控えめに。揚げネギは使用しなくなった。

よりスープの風味、麺の旨味を感じやすくなったが、個人的にはもう少し薄めの味付けでも良い。


麺は超幅広のほぼストレートで、見た目は変わらないが、加水率を35%から42%に上げたとのこと。
そのため、モッチリ感が出て、スープとの相性がより良好になった。
(自家製麺)


チャーシューは、イベリコ豚のレアチャーシュー・スモーク鴨肉は前回と変わらず。

追加された鴨肉細切れは、鴨飯用のもので、スモークした鴨肉の切り落としをベースにしたもの。


薬味は前回と変わらず、長ネギの白い部分と、三つ葉の葉の部分のみじん切り。

イベリコ豚チャーシュー、スモーク鴨肉と鴨肉細切れ




 
鴨醤油らーめん

【鴨醤油らーめん】
[2018/2/18]
\780


前回に比べて、麺と味付けを変更したとのことで再食。

スープの素材や鴨油を変更したこと、また味付けを控えめにしたことで、よりまろやかさが増し、鴨の風味が感じやすくなった。


麺は超幅広のほぼストレートで、見た目は変わらないが、しなやかになって、よりスープとの相性がより良好になった。
(自家製麺)


チャーシューは、イベリコ豚のレアチャーシュー・スモーク鴨肉・鴨肉細切れは、前回と同様。


薬味は前回と変わらず、長ネギの白い部分と、三つ葉の葉の部分のみじん切り。


スープのレベルが上がり、麺との一体感も増して かなりの完成度。

イベリコ豚チャーシュー、スモーク鴨肉と鴨肉細切れ




 
鴨醤油らーめん

【鴨醤油らーめん】
[2018/5/8]
\780

器が切り立ちになった。

醤油を変更したことにより輪郭がはっきりし、鴨の風味・旨味をダイレクトに感じるようになった。


麺は超幅広のほぼストレートで、やや幅が狭くなった。しなやかさが増して、よりスープとの相性が良好になった。
(自家製麺)


チャーシューは、イベリコ豚のレアチャーシューは前回と同様。
鴨肉はスモークせず、鴨の赤身の旨味がよりわかるようになった。
鴨肉細切れは未使用。

メンマが追加となった。
太いが柔らかい。

薬味は前回と変わらず、長ネギの白い部分と、三つ葉の葉の部分のみじん切り。


スープ・麺・具のバランスが良くなり、一体感が増して かなりの完成度。

イベリコ豚チャーシュー、スモーク鴨肉と鴨肉細切れ

メンマ




 
鴨塩らーめん

【鴨塩らーめん】
[2018/1/10]
\780


和風魚系が効いたスッキリとしたスープに、鴨などの油が浮いている。

味付けはシャープさのある塩味で、塩味はやや強め。


麺は中細のほぼストレートで、白っぽく加水は低い。
適度な硬さの茹で上げで、歯応えが良い。スープとの相性は良好。
(自家製麺)


チャーシューは豚と鴨の二種。

イベリコ豚のレアチャーシューは赤みを帯びたピンク色。柔らかくて薄味で肉の美味しさが良くわかる。

鴨肉チャーシューはスモークした薫香と鴨の旨味がたっぷり。

薬味は、長ネギの白い部分と、三つ葉の葉の部分のみじん切り。

イベリコ豚チャーシューとスモーク鴨肉




 
(限定メニュー)

【穴子塩らーめん】
[2018/2/26]
\880


和風ダシに、焼いた穴子の骨や、煮穴子の煮汁を加えたというスープは、穏やかな中に穴子の旨味が効いている。

表面の油は、骨せんべいを作る際に抽出したもの。

味付けはシャープさのある塩味で、塩味はやや強め。


麺は中細のほぼストレートで、ホシが練り込まれているので全粒粉を使用しているかもしれない。
適度な硬さの茹で上げで、ややモチッとした歯応えが良い。スープとの相性は良好。
(自家製麺)


煮穴子は柔らかく薄味で、直前に皮目を炙っているため、香ばしさが印象的。

薬味は、白髪ネギと、三つ葉のみじん切り。

柔らかく炙った香ばしさのある煮穴子

骨せんべいは柔らかい

穴子丼(サービス)

ふんわりと柔らかく、甘味のある醤油の味付け
ご飯と抜群の組み合わせ




 
(限定メニュー)

【煮干豚骨乱切り麺】
[2018/4/4]
\900


白茶濁の豚骨スープはトロッとした粘性がありクリーミーで濃厚ながら、表面の油は皆無でスッキリとしている。

煮干しはエグ味が出る直前まで煮出したような、見た目以上にしっかりと主張している。

味付けはシャープさのある醤油味で、塩味はやや強め。


麺は超幅広から細めまでバラツキのある乱切りでほぼストレート。
硬めの茹で上げで、ツルツルよりもゴワっとしたタイプで、濃厚なスープとの相性が良い。
(自家製麺)


チャーシューは2枚。
厚切りのイベリコチャーシューは柔らかく、肉の味わいが濃い。

山芋の揚げ物が面白い取り合わせ。

薬味は、青ネギの小口切りと、刻み玉ネギ。

麺のアップ

厚切りイベリコチャーシュー

山芋揚げ




 
(限定メニュー)

【背脂魚介味噌らーめん】
[2018/4/10]
\800


茶濁スープはとろみがありクリーミーで、表面には細かな背脂が浮いているものの、見た目よりスッキリとした味わい。

魚介の風味は控えめで、芳醇でやや甘味のある味噌味でまろやかさがある。塩味はちょうど良い。

一味唐辛子がかかっているが、辛さはほぼ感じない。全体的におとなしいので、一味唐辛子が追加できると良いかもしれない。


麺は中細ストレートの低加水で、普段とは異なる。
適度な硬さの茹で上げで、しなやかさがある上質なもの。
(自家製麺)


チャーシューは厚切りのイベリコチャーシュー。柔らかく、肉の味わいが濃い。
チャーシューだけでなく、三枚肉とほぐし肉?も入っている。

野菜はキャベツ、モヤシで茹でてあり、たっぷりの量。

その他の具は、海苔、メンマ。

薬味は、長ネギの小口切り。

スーのアップ

厚切りイベリコチャーシュー

キャベツ、モヤシ

三枚肉、ほぐし肉?

メンマ




 
(仮)鴨飯

【(仮)鴨飯】
[2018/1/12]


(注)提供予定メニューの試食のため少量になっており、正式提供するものとは仕様が異なることがあります。


鴨肉はラーメンにトッピングしているスモークした鴨肉の切り落としを、松阪牛の脂でソテーしたもので、牛脂の風味と炒めた香ばしさがある。

ネギ・三つ葉はラーメンと同じで、刻み海苔が追加。

残ったスープを入れてお茶漬け風にして食べても美味しい。



戻る レポートの一覧に戻る