らぁ麺屋 飯田商店


神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14 [地図
0465-62-4147

【注】事前予約制後述
11:00〜15:00(食材終了まで)
⇒ 11:00〜15:00入店
月曜(毎月Twitterで発信)
⇒ 火曜・水曜

カウンタ 7席+2席
⇒カウンタ 10席、テーブル 6席×2
自販機による食券制

P 15台(後述

2010/3/16 オープン
店主は飯田将汰氏

公式サイト) (Twitter
ネットショップ

外観撮影 2013/11/30

 
【予約方法について】
(終了)7時・8時・9時・10時・10時半に整理券を配布し、来店時間が決まる(配布状況はTwitterで情報発信)
    10時半の整理券の累積配布状況によって、整理券なしの開始時刻をTwitterで発信している

       ↓
2020/7/9〜  「OMAKASE」による事前予約制 (クレジットカード登録などが必要)
(参考)キャンセルポリシー
 予約時以降 10%、2日前からのキャンセル 50%、前日からのキャンセル 100%


【お店の沿革】
2010/ 3/16 オープン
2013/ 5/27 『しあわせ食堂 にこり』 の開店に伴い一時休業
2013/ 7/27 営業再開
2016/ 4/ 3 リニューアルのため一時休業
2016/ 6/25 営業再開
2019/ 5/27 メニューリニューアルのため一時休業
2019/ 6/16 営業再開
2019/10/ 4 『飯田商店 沼津ららぽーと店』 オープン
2020/ 3/30 (新型コロナウィルス対策のため) 店舗での提供を中止
2020/ 4/ 2 ( 〃 ) 店頭でのお持ち帰り販売開始、ネット通販開始
2020/ 7/ 2 7/9 営業再開決定、「OMAKASE」(予約システム)による予約開始
2020/ 7/ 9 営業再開 (事前予約制)


[2020/2/20]
しょうゆらぁ麺 [2013/11/30] [2015/12/18] [2019/4/17] [2020/2/20] 1100
しおらぁ麺 [2017/9/13] 1100
にぼしらぁ麺 [2013/11/30] 1100
各 わんたん入り 1350、チャーシュー麺 1480、わんたん入りチャーシュー麺 1730

つけ麺 1500

(トッピング)
わんたん (純粋金帯豚と山水地鶏の雲呑各1個) 250
チャーシュー (霧島高原純粋黒豚・TOKYO X・純粋金華豚のロースとバラをランダムで各1枚) 350
しゃぶチャーシュー (霧島高原純粋黒豚・TOKYO Xの肩ロースかバラをランダムで極薄切り) 400
味付けたまご (名古屋コーチンの卵を一等利尻・羅臼昆布と一本釣り本枯節の出汁で漬け込みました) 150

土鍋炊きライス 250・土鍋炊き半ライス 180
一本釣り本枯節のご飯(提供直前削り) 550、バター醤油ごはん(四種の地鶏のアブラかけ) 330、おにくごはん 550、イベリコ角煮ごはん 500

【お持ち帰り】
切り落としチャーシュー(霧島高原純粋黒豚・TOKYO X・純粋金華豚のロースやバラの混合) 700


【通信販売】
2020/9/17
めんのマルニ
らぁ麺屋 飯田商店 醤油らぁ麺 [2020/9/19] 生麺・常温 ×8食 3,888
送料 770 (他商品と同梱)
2020/ 8/23
ネットショップ
お土産 かけ担々麺 [2020/8/30]  3食セット 3,165
送料 1,150、決済手数料 330、計 4,645
2020/ 5/25
ネットショップ
お土産 かけらぁ麺 [2020/5/25] [2020/6/2]  3食セット+ラー油1瓶 3,015
送料 1,150、決済手数料 330、計 4,495
お土産かけらぁ麺3食セット 2,415
お土産かけ担々麺3食セット 3,165


飯田商店 主な使用食材(要約)    [2020/2/20]
 
鶏スープ  水は全て逆浸透膜システム
丸鶏 黒さつま鶏黒王、比内地鶏、名古屋コーチン、山水地鶏
ガラ 比内地鶏、名古屋コーチン、黒さつま鶏黒王
豚スープ  (2019/6のリニューアルで新たに使用)
豚肉 霧島高原純粋黒豚、TOKYO Xを半身仕入れ、イベリコ豚、純粋金華豚
ガラ 金華豚ゲンコツと背骨、霧島高原純粋黒豚背骨
麺素材
「片岡農園ハルユタカ」「春よ恋」「さぬきの夢」「キタホナミ」など数種の国産小麦の様々な挽き方、粒度の小麦粉をブレンドします。内モンゴル産天然由来のかんすい、沖縄の塩「ぬちまーす」で小麦の味を引き出しているつもりです。全てのらぁ麺・つけ麺において、加える水の量、小麦のブレンド、切り刃、全て違います。ほぼ毎日微妙に変えます。
※しょうゆらぁ麺、しおらぁ麺の麺には全卵を使用
※茹で湯には、逆浸透膜水よりレベルを下げた活性炭でろ過しています。
醤油
兵庫県奥播州、足立醸造の天然醸造有機濃口醤油をメインに、同じく兵庫県龍野の末廣醤油の特別な淡口醤油、和歌山の濃口、愛知の三年熟成溜まり醤油。
キリバス共和国のクリスマス島の塩をメインに、高知、大島の天日塩、新潟の花塩、沖縄の塩を濃厚な昆布、ホタテ貝柱中心の出汁に溶かして作ります。
チャーシュー
ロース 霧島高原純粋黒豚、TOKYO Xのいずれか
バラ 純粋金華豚、霧島高原純粋黒豚、TOKYO Xのいずれか
モモ 相模豚しきんぼうの炭火焼き
肩ロース 霧島高原純粋黒豚、TOKYO Xのいずれかを極薄スライス
わんたん
豚わんたん 純粋金華豚のバラ
鶏わんたん 山水地鶏(岡山・佐野実ファーム)
ごはん 山形県酒田市の氷河米ミルキークイーン。鳥海山から流れるミネラルをたくさん含んだ雪解け水で育ったお米です。土鍋で炊きます。
鰹節 指宿産一本釣り本枯節を使用。鰹節王が作る本物中の本物。
有田焼の特注丼です。飯田の家紋を手彫りしたオリジナル形状。
つけ麺用は、有田焼の原料の泉山陶石の景色を色と絵に。
お客様との約束 … 全ての料理に化学調味料を使いません。




(過去のメニュー)
[2019/04/17]
醤油らぁ麺 900、わんたん入り醤油らぁ麺 1150、醤油チャーシュー麺 1250、わんたん入り醤油チャーシュー麺 1500
塩らぁ麺 950、わんたん入り塩らぁ麺 1200、塩チャーシュー麺 1300、わんたん入り塩チャーシュー麺 1550
にぼしらぁ麺 850、わんたん入りにぼしらぁ麺 1100、にぼしらぁ麺チャーシュー麺 1200、わんたん入りにぼしチャーシュー麺 1450
お子様らぁ麺 500
つけ麺 1000、塩つけ麺 1200
わんたん(純粋金帯豚と淡海地鶏の雲呑2個) 250、チャーシュー 350
ライス 250・半ライス 180、バター醤油ごはん(比内地鶏と名古屋コーチンの油かけ) 300、おにくごはん 480
(持ち帰り)
チャーシュー切り落とし(自家製ダレに漬け込み焼き上げた醤油味 or 塩でマリネし低温調理した塩味) 200g 500、焼豚 500g 1800
らぁ麺屋 飯田商店 厳選素材 主な使用食材(要約)    [2017/9/13]
 
鶏スープ  スープの素材は鶏と水のみ
丸鶏 比内地鶏・名古屋コーチン・山水地鶏
ガラ 比内地鶏・名古屋コーチン
麺素材  客席奥の製麺室で毎日製麺
「はるゆたか」「春よ恋」「きたほなみ」「チクゴイズミ」「さぬきの夢」など国産小麦に、内モンゴル産天然由来のかんすい、沖縄の塩「ぬちまーす」で小麦の味を引き出す
醤油らぁ麺専用麺、塩らぁ麺専用麺は卵を使用
全てのらぁ麺・つけ麺は、使用小麦・加水量など、専用に打ち分けている
醤油  醤油らぁ麺のタレに使用
兵庫、群馬、和歌山などから、濃口醤油四種、薄口醤油一種、再仕込醤油一種、計六種類の生醤油を合わせた醤油ダレ
  塩らぁ麺のタレに使用
沖縄の「石垣の塩」「ぬちまーす」「完全天日塩 海一粒」など四〜五種類の塩をブレンド
チャーシュー
モモ焼豚 さがみ豚のしきんぼうを、特製ダレにつけ込み、オープンで焼き上げた。塩らぁ麺には塩味で仕上げ
ロース
チャーシュー
さがみ豚のロースを塩などでマリネし、低温調理でしっとりと仕上げ
鶏チャーシュー 国産鶏のムネ肉をマリネし、低温調理で仕上げ
わんたん
豚わんたん 純粋金華豚のバラ(山形平田牧場)
鶏わんたん 山水地鶏(岡山・佐野実ファーム)
ごはん 山形県酒田市の氷河米ミルキークイーンを使用、鳥海山から流れるミネラルをたくさん含んだ雪解け水で育ったお米
水に侵入するほぼすべての不純物を取り除く、安心安全なピュアウォーター
有田焼の特注丼、醤油・塩で形状が違う
[2017/09/13]
醤油らぁ麺 850、わんたん入り醤油らぁ麺 1100、醤油チャーシュー麺 1150、わんたん入り醤油チャーシュー麺 1400
塩らぁ麺 900、わんたん入り塩らぁ麺 1150、塩チャーシュー麺 1200、わんたん入り塩チャーシュー麺 1450
にぼしらぁ麺 800、わんたん入りにぼしらぁ麺 1050、にぼしチャーシュー麺 1100、わんたん入りにぼしチャーシュー麺 1350
お子様らぁ麺 500
つけ麺(濃厚昆布鰹出汁) 1000
わんたん(純粋金帯豚と淡海地鶏の雲呑2個) 250、チャーシュー 300
ライス 250・半ライス 180、バター醤油ごはん(比内地鶏と名古屋コーチンの油かけ) 300、おにくごはん 450

[2015/12/18]
醤油らぁ麺 750、醤油わんたん麺 900、醤油チャーシュー麺 1050、醤油チャーシューわんたん麺 1200
塩らぁ麺 850、塩わんたん麺 1000、塩チャーシュー麺 1150、塩チャーシューわんたん麺 1300
ニボっちゃん 700、ニボっちゃん わんたん麺 850、ニボっちゃん チャーシュー麺 1000、ニボっちゃん チャーシューわんたん麺 1150
お子様醤油らぁ麺 400
つけ麺(濃厚昆布鰹出汁かけ) 900、塩つけ麺 900
鶏わんたん 150、えびわんたん 250、チャーシュー(地豚・鶏チャーシュー) 300
ライス 200・半ライス 100、バター醤油ごはん(比内地鶏の油かけ) 220、寿雀卵のTKG 350

[2013/11/30]
醤油らぁ麺 700
ニボっちゃん 700
つけ麺 (2013/11 から提供を中止、限定メニューを提供している)
(限定10食) 追い節のつけ麺 850 (基本の味の東京軍鶏と比内地鶏のスープに、秋刀魚節・鶏節を追った、淡口醤油仕立て)
味玉(比内地鶏) 100、ワンタン 150、チャーシュー 300
比内地鶏のTKG 250、比内地鶏のバター醤油ごはん 200
ライス 150・大ライス 200・半ライス 100


(過去の蘊蓄)
[2013/11/30]
自家製麺
・毎朝二階の製麺室で打つ自家製麺
・国産小麦の一本挽きにこだわり、北海道江別産はるゆたか(片岡農園)を中心に、3〜4種類の国産小麦をブレンド
・かん水は内モンゴル産の天然由来のかん水を使用
・塩は沖縄産ぬちまーす、ミネラルが豊富に含まれている
・卵は比内地鶏の卵を使用

かえし(醤油ダレ)
・四種類の醤油を生の状態で仕入れて仕込む
・少量の有機みりんと、数種のお酢などを加えて最適な温度まで火入れして二日間寝かせる
・醤油の香りを最大限に生かすことに気をつけて、あえて長期間熟成させずに、火入れしてから一週間以内に使い切る

出汁(スープ)
・基本の鶏スープはふくよかなコクの比内地鶏の丸鶏とガラ、キレを出す東京軍鶏の丸鶏を使用。少量の複数の素材を少しずつ加え、0℃で凍るか凍らないかの状態で一晩熟成させる
・煮干しらぁ麺用のスープは、瀬戸内産煮干しをメインに、サンマの煮干しなどで取る。あえて苦味を出すことで「引き」を出す
・出汁・麺に使う水は、逆浸透膜水(純水に極めて近い水に濾過)を使用、塩素などは全て取り除かれた優しい水
・スープの表面に浮く黄色い油は、比内地鶏や東京軍鶏のガラや丸鶏から出た油。まろやかでコクのある鶏油(チー油)


・有田焼を使用。遠赤外線効果で、スープの味をまろやかにしてくれる。

(その他)
・らぁ麺 飯田商店は、カラダに喜ぶ、子供からお年寄りまで安心ならぁ麺・つけ麺を目指します
・全ての食材にうま味調味料は未使用
 




 
駐車場

駐車場
[2019/4/17]


店舗の向かい 5台
店舗の斜め向かい 10台






その他

暖簾
[2013/11/30]


送った人たちの名前が入っている




その他

卓上にある蘊蓄
[2020/2/20]





 
しょうゆらぁ麺

【しょうゆらぁ麺】
[2020/2/20]
¥1100


(同じ印象はコピペ)
表面には黄色い脂(鶏油)が多めに浮いている。

鶏の風味が強めに効き、食べはじめから旨味がストレートに伝わってくる。

食べ進むと、丸鶏・鶏ガラの旨味に、新たな豚の旨味が加わりより奥深くなっている印象。

鶏のインパクトはあるものの、それがしつこく感じることはなく、バランスを崩さない丁寧さを感じる。

味付けはやや甘みのある芳醇でまろやかな醤油で、醤油本来の香ばしさと相まって、個人的に好きな味。


麺はテボで茹でてから平ざるで湯切りをしているようだ。

細麺のやや平打ちストレートで長い。硬すぎない茹で上げ。
表面がツルツルで、しなやかなコシがある。
麺そのものが美味しい。
(自家製麺)


チャーシューは霧島高原純粋黒豚の肩ロースと、TOKYO Xのバラ肉の二種。
肩ロースは低温調理で、肉の旨味がある。
バラ肉は煮豚で、肉本来の美味しさを感じる。

メンマはコリコリとした食感。

薬味は青ネギの小口切り。


更に進化した一杯。

肩ロースチャーシュー

バラチャーシュー

メンマ

スープ

テーブルにはトレーに箸・レンゲがセットされている

 



 
(通販)かけらぁ麺

【(通販)お土産かけらぁ麺3食セット+ラー油1瓶】
[2020/5/25]
¥3,015+送料等別途
(参考 送料 ¥1,150、決済手数料 ¥330、計 ¥4,495)


(全て冷凍、写真は2食)

  • スープ
  • 麺 (約150g)
  • ラー油





(作り方 要約)

  • 冷凍スープをそのまま15分ほど湯煎する(中火)
  • 麺を沸騰したお湯で2〜3分ほど(冷蔵麺の場合は1分30秒ほど)茹でる(強火)
  • 丼に温めたスープを注ぐ
  • 茹で上がった麺を湯切りしてスープの中に入れる
  • お好みのトッピングをのせて完成

(トッピングは自前)

湯河原ではなく、「沼津ららぽーと店の麺とスープ」とある。

表面には鶏油が多めに浮いている。

鶏の風味が強めに効き、食べはじめから旨味がストレートに伝わってくる。

鶏のインパクトはあるものの、それがしつこく感じることはなく、バランスを崩さない丁寧さを感じる。

味付けはやや甘みのある芳醇でまろやかな醤油で、醤油本来の香ばしさと相まって、個人的に好きな味。


麺は細麺のやや平打ちストレートで長い。硬すぎない茹で上げ。
表面がツルツルで、しなやかなコシがある。
麺そのものが美味しい。
(自家製麺)





 
醤油らぁ麺

【醤油らぁ麺】
[2019/4/17]
¥900


(同じ印象はコピペ)
表面には黄色い脂(鶏油)が多めに浮いている。

鶏の風味が強めに効き、食べはじめから旨味がストレートに伝わってくる。

鶏のインパクトはあるものの、それがしつこく感じることはなく、バランスを崩さない丁寧さを感じる。

味付けはやや甘みのある柔らかくまろやかな醤油で、醤油本来の香ばしさと相まって、個人的に好きな味。


麺はテボで茹でてから平ざるで湯切りをしているようだ。

細麺のやや平打ちストレートで長い。硬すぎない茹で上げ。
表面がツルツルで、しなやかなコシがある。
麺そのものが美味しい。
(自家製麺)


チャーシューは豚モモ肉と豚バラ肉の二種。
モモ肉はロースト。
脂がほとんどないがぱさつきは皆無で上質。
バラ肉は低温調理で、肉本来の美味しさを感じる。

メンマは穂先メンマ。

薬味は三つ葉。


もはや完成形と言える一杯。

穂先メンマ

テーブルにはトレーに箸・レンゲがセットされている

 



 
塩らぁ麺

【塩らぁ麺】
[2017/9/13]
¥900

(同じ印象の部分はコピペ)
表面には黄色い脂(鶏油)が多めに浮いている。

鶏の風味が強めに効き、食べはじめから旨味がストレートに伝わってくる。

鶏のインパクトはあるものの、それがしつこく感じることはなく、バランスを崩さない丁寧さを感じる。

味付けは塩ベースで、柔らかくまろやかさがあり、スープの素材が鶏だけとは思えない深みがある。


麺はテボで茹でてから平ざるで湯切りをしているようだ。

細麺ストレートで、硬すぎない茹で上げ。表面がツルツルで、しなやかなコシがある(自家製麺)


チャーシューは鶏と豚二種。
鶏はムネ肉の低温調理。
豚はモモ焼豚と、ロースの低温調理。

薬味は白髪ネギ、ネギの白い部分の小口切り、三つ葉。


チャーシュー

チャーシュー

テーブルにはトレーに箸・レンゲがセットされている




 
醤油らぁ麺

【醤油らぁ麺】
[2015/12/18]
¥750

(同じ印象の部分はコピペ)
表面には黄色い脂(鶏油)が多めに浮いている。

鶏の風味が強めに効き、食べはじめから旨味がストレートに伝わってくる。

鶏のインパクトはあるものの、それがしつこく感じることはなく、バランスを崩さない丁寧さを感じる。

味付けはやや甘みのある柔らかくまろやかな醤油で、醤油本来の香ばしさと相まって、個人的に好きな味。


麺はテボで茹でてから平ざるで湯切りをしているようだ。

細麺ストレートで、硬すぎない茹で上げ。表面がツルツルで、しなやかなコシがある(自家製麺)


チャーシューは鶏と豚。

メンマは極太

薬味は三つ葉。




 
醤油らぁ麺

【醤油らぁ麺+味玉】
[2013/11/30]
¥700+¥100


表面には黄色い脂(鶏油)が多めに浮いている。

鶏の風味が強めに効き、食べはじめから旨味がストレートに伝わってくる。

鶏のインパクトはあるものの、それがしつこく感じることはなく、バランスを崩さない丁寧さを感じる。

味付けはやや甘みのある柔らかくまろやかな醤油で、醤油本来の香ばしさと相まって、個人的に好きな味。


麺はテボで茹でてから平ざるで湯切りをしているようだ。

細麺ストレートで、硬すぎない茹で上げ。表面がツルツルで、しなやかなコシがある(自家製麺)


薬味は三つ葉。


もはや完成形と言える一杯。

チャーシューは豚モモ肉?と鶏モモ肉の二種。

豚は脂が少なく硬め。肉本来の美味しさを感じる。

鶏は低温調理だろうか、脂がほとんどないがぱさつきは皆無で上質。

メンマは太い。

味玉は、白身が全体的にうっすらと色づき、黄身はしっとりとした半熟。

しっかりめの味付け

丼は丸みのある切り立ち




 
ニボっちゃん

【ニボっちゃん】
[2013/11/30]
¥700


醤油らぁ麺に比べると、煮干しの強いインパクトがある。

やや苦味があるので、好みが分かれるかもしれない。



麺・具は醤油らぁ麺と同じ。

薬味は青・白ネギ。





その他(リニューアル前)

卓上の調味料は無し
[2013/11/30]

店内の様子(1)
[2013/11/30]

店内の様子(2)
[2013/11/30]

店内の様子(3)
[2013/11/30]


つけ麺のおいしい食し方指南書

店内の様子(4)
[2013/11/30]

駐車場の案内
[2013/11/30]


店舗のとなりに2台、
向かいの駐車場に5台
⇒ 2019/4/17現在 15台




戻る レポートの一覧に戻る