支那ソバ 玉龍(ぎょくりゅう)


昭島市緑町4-1-27 [地図
042-500-5022


11:30~15:00、18:00~20:30L.O.
火曜休

カウンタ 4席、テーブル 4席×3、6席×1、禁煙
料金は後払い ⇒ 自販機による食券制+セルフサービス

P なし、近隣にコインP あり
最寄り駅は JR青梅線 昭島駅 or 拝島駅


2016/8/9オープン
店主は東野純直(あずまのすみただ)氏、シンガーソングライター(1993年 君は僕の勇気 など)
かづ家@目黒で8年修行後、独立(2018/3/16 爆報 THEフライデーより)

[Twitter]
(外観 2018/4/5)

[2019/12/28]
(*1) 開店時 2016/8 にはなく、2016/10 に追加されていたメニュー
(*2) 2016/10 にはなく、2017/04 に追加・変更されていたメニュー
(*3) 2017/04 にはなく、2017/11 に追加・変更されていたメニュー
(*4) 2017/11 にはなく、2018/04 に追加・変更されていたメニュー
(*5) 2018/04 にはなく、2019/11 に追加・変更されていたメニュー

支那ソバなどはストレート麺、つけソバは中太縮れ (*4) ← 麺は、細ストレート/中太縮れを選択する (*3)

【麺類】   塩に変更 +100 (*5)   +チャーシュー 250
支那ソバ [2016/8/9] [2016/10/6] [2017/4/13] 750/+チャーシュー [2016/8/25] 1000
背油玉ねぎラーメン [2016/8/11] 900
ワンタンメン [2016/8/11] [2017/11/5] 980/ワンタンメン 塩 [2019/11/4] 1080
エビワンタンメン [2018/4/5] 980/エビワンタンメン 塩 [2019/12/28] 1080
MIXワンタン麺(肉雲呑3、エビ雲呑3) 1000 (*3)
特製支那そば(チャーシュー 3枚、ワンタン(肉/エビ) 3個、のり 3枚) 1000 (*5)
ワンタンスープ(肉/エビ) 780

担々麺(汁有り/汁無し) 950
ワンタン担々麺(肉/エビ) 1200

つけソバ 800/+チャーシュー [2018/5/27] 1050
ワンタンつけソバ(肉/エビ) 1000

大盛り +120 (*1)年末年始・祝日を除く月~金 11:30~15:30は大盛り無料

【限定メニュー】
2018/07/30 冷製辛つけソバ 900 (並 150g,大盛り 225g 無料)

【トッピング】
味付け玉子 [2019/11/4] 120、チャーシュー 250
 
【副菜】
自家製焼餃子 550
ワンタン皿・エビワンタン皿・チャーシュー皿 500、メンマ皿 370
塩ダレキャベツ 370、セロリ漬け 370 (*2)
 
【ご飯物】
炙りチャーシュー丼 380、ネギチャーシュー丼 380
ルーロー飯 350 (*3)
ジャンロウ飯 350 (*2)
麦飯 150
 
【ランチメニュー】 (年末年始・祝日を除く月~金 11:30~15:00) (*1) (*2)
Aセット:お好みの麺+ルーロー飯 250 (甘辛く煮込んだ豚すじ肉煮込み丼)
Bセット:お好みの麺+ジャンロウ飯 250 (豆板醤仕上げのピリ辛の肉味噌飯)
Cセット:お好みの麺+ネギ叉焼丼 250 (ブラックペッパーベースのスパイシーな旨味)
 
【お子様セット】
お子様セット(ふりかけごはん、ミニラーメン、ゼリー、ジュース付き) 550
 
【お飲物】
アルコール 380、ソフトドリンク 200


(以前のメニュー)
[2019/11/4]
ザーサイ 370 (*2)
[2018/4/5]
支那ソバ 700、背油玉ねぎラーメン 850、チャーシューメン 980、ワンタンメン 950、エビワンタンメン 980、MIXワンタン麺(肉雲呑3、エビ雲呑3) 1000 (*3)、チャーシューワンタンメン 1170、チャーシューエビワンタンメン 1200
ワンタンスープ(麺無し) 700
大盛り +100、 (*1)年末年始・祝日を除く月~金 11~15時は大盛り無料
【担々麺】(*2)濃厚なゴマ風味、自家製の芳醇なラー油、四川花山椒の刺激、支那ソバのスープと融合した絶妙なインパクト
担々麺 900、ワンタン担々麺 1150、エビワンタン担々麺 1180、叉焼担々麺 1180、叉焼ワンタン担々麺 1370、叉焼エビワンタン担々麺 1400
【つけソバ】(*3) つけソバ 750、雲呑つけソバ 850、叉焼つけソバ 900、叉焼雲呑つけソバ 950、叉焼海老雲呑つけソバ 980
大盛り 無料、特盛り +100
【トッピング】味付け玉子・タマネギ 100、背油・タマネギ 150 (*3)、メンマ大盛り 200
【副菜】 自家製焼餃子 450、ワンタン皿 450、エビワンタン皿 480、チャーシュー皿 480、メンマ皿 300、キャベツ漬け 150、セロリ漬け 300 (*2)、ザーサイ 200 (*2)
【ご飯物】炙りチャーシュー丼 300、ネギチャーシュー丼 280、ルーロー飯 250 (*3)、ジャンロウ飯 220 (*2)、白米 150・小 100
大盛り +100
【ランチメニュー】 (年末年始を除く月~金 11~15時) (*1) (*2)
Aセット:お好みの麺+ルーロー飯 160 (甘辛く煮込んだ豚すじ肉煮込み丼)
Bセット:お好みの麺+ジャンロウ飯 180 (豆板醤仕上げのピリ辛の肉味噌飯)
Cセット:お好みの麺+ネギ叉焼丼 200 (ブラックペッパーベースのスパイシーな旨味)
【お子様セット】お子様セット(ミニカレー、ミニラーメン、ゼリー) 500
【お飲物】生ビール(スーパードライ) 350、瓶ビール(スーパードライ) 450 (*3)、サワー各種 300 (*2)、ハイボール(ブラックニッカ) 400 (*3)、ウーロンハイ 450 (*3)
KIRIN オールフリー 250、オレンジジュース・コーラ 150
[2017/04]
瓶ビール(ラガークラシック 中瓶) 400 (*2)
[2016/10]
(ランチメニュー)
Aセット:お好みの麺+ラー飯 150 (支那ソバのスープで炊いた炊き込みご飯)
Bセット:お好みの麺+中華丼 180
Cセット:お好みの麺+ネギ叉焼丼 200
瓶ビール(スーパードライ) 400



卓上の調味料
[2016/8/9]


醤油
ブラックペッパー荒挽

ラー油




[2017/11/5]
揚げネギがなくなりました



揚げネギ
→ [2017/11/5] なくなりました




[2019/11/4]


カウンタ席中央付近に、食券受付・お渡し口・返却口ができ、セルフサービスになった。

そのため、以前はカウンター席が7席だったが、4席に縮小した。


食券を渡し、引き替えの番号札を受け取る。






[2017/11/5]


卓上に冷水はあるが、黒烏龍茶も用意されている



[2019/11/4]


黒烏龍茶から、「昭島の美味しい地下水」に変わった






[2019/11/4]


シンガーソングライター、東野純直氏の立て看板






 
支那ソバ

【支那ソバ】
[2016/8/9]
\700


やや濁りのあるスープは、煮干しや鰹節などの和風魚系が香り、雑味が無くスッキリとしつつも滋味深さがある。

味付けはまろやかな醤油味でやや甘味がある。

『かづ屋』独特の風味を放ち、その味わいは酷似している。


麺は中細で軽くウェーブがかかっている。多加水麺?で、適度な硬さがあるが、食感・風味はかづ屋とは印象が異なる(製麺所は不明)

今後は自家製麺に変えていきたいとのこと。


チャーシューは周囲がピンク色がかったモモ肉の焼き豚で、噛みしめるたびに肉の風味と味わいが染み出てくる。

メンマはコリッとした食感。

その他の具は、海苔。


薬味は長ネギの小口切り。

チャーシュー

周囲がピンク色の焼き豚。
他店にはなかなかない味わい。




 
支那ソバ

【支那ソバ】
[2016/10/6]
\700


基本的には前回と同じ。

やや風味が弱く、かづ屋らしさは薄いか。




 
支那ソバ

【支那ソバ・大盛り】
[2017/4/13]
\700+ランチサービス


基本的には前々回と同じ。

前回よりはダシが香るものの、個人的にはあと一歩主張して、かづ屋らしさを主張して欲しい。

後半は卓上の揚げネギを投入。


チャーシューは抜群に美味しい。




 
ワンタンメン

【ワンタンメン】
[2016/8/11]
\950


ワンタン以外はラーメンと同じ。
(以下コピペ)

やや濁りのあるスープは、煮干しや鰹節などの和風魚系が香り、雑味が無くスッキリとしているが滋味深さがある。

味付けはまろやかな醤油味でやや甘味がある。

『かづ屋』独特の風味を放ち、その味わいは酷似している。


麺は中細で軽くウェーブがかかっている。多加水麺?で、適度な硬さがあるが、食感・風味はかづ屋とは印象が異なる(製麺所は不明)

今後は自家製麺に変えていきたいとのこと。


チャーシューは周囲がピンク色がかったモモ肉の焼き豚で、噛みしめるたびに肉の風味と味わいが染み出てくる。

メンマはコリッとした食感。

その他の具は、海苔。


薬味は長ネギの小口切り。

ワンタン


挽肉が詰まった大ぶりのものが5ヶトッピングされている。

肉の風味と、ゴマ油が効いていて美味しい。

チャーシュー

噛みしめるたびに肉の旨味が染み出てくる焼き豚

メンマ

細めでコリッとした食感。

卓上の揚げネギで味変。

香ばしい風味が広がる。




 
ワンタンメン

【ワンタンメン・中太麺】
[2017/11/5]
\950


(前回と同じ印象はコピペ)
やや濁りのあるスープは、煮干しや鰹節などの和風魚系が香り、雑味が無くスッキリとしているが滋味深さがある。

味付けはまろやかな醤油味でやや甘味がある。

『かづ屋』独特の風味はあるものの、その味わいは前回に比べるとやや薄めになって離れたかもしれない。


麺が選べるようになったので中太麺で。

中太麺とのことだが、細麺と印象はあまり変わらない平打ち縮れ。
適度な硬さの茹で上げ。
(製麺所は不明)


ワンタンは、挽肉が詰まった大ぶりのものが5ヶトッピングされている。
適度な味付けがされている肉の風味と、ゴマ油が効いていて美味しい。


チャーシューは周囲がピンク色がかったモモ肉の焼き豚で、噛みしめるたびに肉の風味と味わいが染み出てくる。

もう少し大きいと印象がアップすると思うが、見た目の大きさが残念。


メンマはコリッとした食感。

その他の具は、海苔。

薬味は長ネギの小口切り。


チャーシュー

メンマ




 
ワンタンメン・塩

【ワンタンメン・塩+味付け玉子】
[2019/11/4]
\980+\100+\120=\1200


POPより
『はまぐりとホタテから旨味を凝縮抽出! 粗塩、岩塩等数種類の塩を混合し、味に立体感を出しました。制作期間3年、自信のデビュー』



やや白濁したスープは、ハマグリやホタテ由来のダシがじんわりと効き、雑味が無く滋味深い。

味付けはやや薄めで、シンプルでまろやかな塩味。


麺は中細ストレートの低加水。
硬めの茹で上げで、サクッとした歯切れ感がある。
(製麺所は不明)


ワンタンは、挽肉の餡が詰まった大ぶりのものが6個トッピングされている。
適度な味付けがされて、肉の旨味がある。

チャーシューは周囲がピンク色がかったモモ肉の焼き豚で、噛みしめるたびに肉の風味と味わいが染み出てくる。
もう少し大きいと印象がアップすると思うが、見た目の大きさが残念。

メンマは極太。

その他の具は、海苔。

薬味は長ネギの小口切りが少量。

チャーシュー

ワンタン

味付け玉子

メンマ




 
エビワンタンメン

【エビワンタンメン】
[2018/4/5]
\980


スープ、チャーシューは同じで、エビワンタンが5ヶほど追加される。


麺を変えたとのこと。
中細ストレート麺は、張りのある食感で、サクッとした歯切れ感がある。
従来の縮れ麺は、つけ麺に使用しているのだそうだ。
(製麺所は不明)


エビワンタンは、海老の風味と、ゴマ油が効いている。



やや高めながら、オススメしたいメニュー。

エビワンタンのアップ

メンマのアップ




 
エビワンタンメン・塩

【エビワンタンメン・塩】
[2019/12/28]
\980+\100=\1080


POPより
『はまぐりとホタテから旨味を凝縮抽出! 粗塩、岩塩等数種類の塩を混合し、味に立体感を出しました。制作期間3年、自信のデビュー』



(同じ印象はコピペ)
やや白濁したスープは、ハマグリやホタテ由来のダシがじんわりと効き、雑味が無く滋味深い。

味付けはやや薄めで、シンプルでまろやかな塩味。


麺は中細ストレートの低加水。
硬めの茹で上げで、サクッとした歯切れ感がある。
(製麺所は不明)


エビワンタンは、餡が詰まった大ぶりのものが6個トッピングされている。
適度な味付けがされて、海老の旨味がある。

チャーシューは周囲がピンク色がかったモモ肉の焼き豚で、噛みしめるたびに肉の風味と味わいが染み出てくる。
もう少し大きいと印象がアップすると思うが、見た目の大きさが残念。

メンマは極太。

その他の具は、海苔。

薬味は長ネギの小口切りが少量。

チャーシュー

エビワンタン

メンマ




 
チャーシューメン

【チャーシューメン】
[2016/8/25]
\980


スープ、麺は同じで、チャーシューが6枚ほど追加される。

通常のチャーシューよりも厚めの切り方のように思う。

周囲に焼き目がついた焼き豚で、適度な硬さの中から、噛みしめると肉の旨味が染み出てくる上質なもの。



やや高めながら、オススメしたいメニュー。

チャーシューのアップ

麺 のアップ




 
背油玉ねぎラーメン

【背油玉ねぎラーメン】
[2016/8/11]
\850


ベースはノーマルの支那ソバで、スープ一面に背油が浮き、中心に刻み玉ねぎがうずたかくトッピングされる。

スープの和風魚系は主に背油で薄れ、全く違う表情になるので、個人的にはあまり好みではない。

思いっきり醤油を前面に出せば、燕三条系のような味わいになるかも?


麺は支那ソバと同じ。


具は、チャーシュー、メンマ、海苔。

薬味は長ネギの代わりに大量の刻み玉ねぎ。

麺のアップ

ガーリックプレスと生ニンニク1個が付いてくる。

絞り入れるとスープが引き締まった印象になるが、もう2・3個欲しいところ。




 
つけソバ

【叉焼つけソバ・大盛】
[2018/5/27]
\900+サービス


麺は支那ソバと同じ。
大盛りはサービスで、普通盛り 150gの1.5倍の225g。
水で締めてあるので、硬めの食感。


つけ汁は支那そばを踏襲した清湯スープ。
和風魚系が香り、雑味が無くスッキリとしているが滋味深さがある。
辛さ・酸味は皆無。
つけ汁の薬味は長ネギの小口切り。


具は麺にトッピングされている。

チャーシューは短冊状にカットしてある。冷めていても美味しい。

メンマは柔らか。

海苔は刻み海苔。

つけ汁



(参考)
つけソバ・並盛り
\750




 
限定メニュー

【(限定)冷製辛つけソバ】
[2018/7/31]
\900


大盛りはサービスで、普通盛り 150gの1.5倍の225gになる。

麺は支那ソバと同じ。
水で締めてあるので、硬めの食感。


つけ汁は赤みがかって酸味・辛味があり、特に辛味が強い。(調整可)

支那ソバのスープをベースにしているので、スッキリとしているが滋味深さがある。

つけ汁の薬味は、白ゴマ・長ネギの小口切り。


具は麺にトッピングされている。

チャーシューは短冊状にカットしてある。冷めていても美味しい。

キャベツは生でパリパリ

メンマは太く柔らか。

海苔は刻み海苔。

つけ汁



チャーシュー、メンマ、キャベツ

スープ割り

割りスープは小さめの湯桶で出される。やや白濁して、中華ソバに使用するスープ。

ネギ、白ゴマが追加される。


限定メニューのPOP


甘酸っぱくコクのある冷たい辛スープに、冷水でしめた麺を浸し、シャキシャキの山盛りキャベツで召し上がっていただきます。

食欲の落ちる夏を乗り切る鉄板メニュー。

つけて食べる辛い冷やし中華とイメージして下さい。

辛み調整可。






その他

開店当初の外観



戻る レポートの一覧に戻る