麺処 あずき





 
限定メニュー

【きのこポタージュ トリュフ風・ブラックペッパー麺】
[2021/12/4]
\900


恒例の秋の限定メニュー

このメニューでの人気の麺は、普通麺かブラックペッパー麺とのこと。



ソテーしたキノコをミキサーにかけてミルクなどを合わせたものだろうか、粒々入りのポタージュスープはややとろみがあり、キノコの風味がたっぷりと香ってくる。

黄色い油はオリーブオイルで、トリュフの風味を移してあるようだ。

味付けは塩・コショウベースとシンプルながらコクがあって、キノコの風味・旨味があり美味しい。



麺はブラックペッパー麺にした。
中細のストレート麺の少加水タイプで、黒い粒々のブラックペッパーが練り込まれている。
やや硬めの茹で上げで、ボソッとした独特の食感。
ブラックペッパーの風味が特徴的で、ポタージュスープとの相性が抜群。
(自家製麺)



トッピングは、鶏チャーシューとキノコのソテー。

鶏チャーシューは直前にバーナーで炙ってあり、しっとりとした柔らかさ。

キノコはシメジなど数種類のキノコを使用しているようだ。

その他の具は、細い揚げ物(詳細は良くわからなかった)

薬味は、細長いワケギ?



ポタージュスープなのに、しっかりラーメンとして成立している。
独創的で美味しい一杯。



キノコのソテー




 
お持ち帰り

【自家製ラー油】
[2021/12/4]
\400


様々な具材が入っていて、「食べるラー油」に似た系統。

辛さは控えめで、旨味がたっぷり。

具材は、ナッツ、干しエビ、ザーサイ?などなど。


冷や奴

スープ餃子




 
限定メニュー

【冷たいセロリ麺・ブラックペッパー麺】
[2021/6/12]
\900


(同じ印象はコピペ)
今回はブラックペッパー麺で。

スープを張った丼ごと冷蔵庫で冷やしてあるようで、程度に冷えた透明感のあるスープは、黄色みを帯びた油が浮いている。

動物系は鶏だろうか?
和風のダシが香り、そこにセロリの風味が加わり爽やか。

トッピングのセロリの輪切り・ホワイトセロリからはもちろんだが、冷たいので食べ始めは穏やかながら、徐々にセロリの風味が立ち上がってくる。

表面の黄色い油は、オリーブオイルにセロリの風味を移したセロリオイルのようだ。



ブラックペッパー麺は薄い細麺トレート。
水で冷やしてあるので硬めながら、しなやかさがあり、冷たいスープに合っている。
ブラックペッパーはほんのりとした風味と辛さがあり、スープの邪魔にならない程度。
麺同士が絡みやすいのが、多少気になる。
(自家製麺)



中央で山になっているのはセロリの輪切りとホワイトセロリで、フレッシュで風味が高い。

丸い氷が2個が涼しげ。
レモンの皮のみじん切りと、セロリの葉を凍らせたもので、香辛料も使用しているとのこと。

チャーシューは鶏のハム?。
しっかりとした味付けで、香辛料の風味がある。

ミニトマトは、半分×3個。




夏にはピッタリの涼しげな一杯。




鶏チャーシュー

ミニトマト

食券機




 
限定メニュー

【春のエビ塩麺・平打ち麺】
[2021/3/20]
¥860


毎年3~5月提供、三つの味(ネギの辛味・エビ味噌の甘み・レモンの酸味)を楽しむ、がコンセプト

桜海老主体の柔らかいスープは女性店主らしい仕上げ。

エビ味噌を少しづつ溶かし入れ、塩麹の甘味と唐辛子の辛味で味変できるのはおもしろい試み。

レモンの酸味で、さらにさっぱりと印象が変わっていく。
レモンはトッピングされているほかに、別皿でも提供される。



麺は平打ちを選択。
幅広で軽くウェーブがかかっていて、ピロピロとした食感が面白い。
(自家製麺)



チャーシューは鶏チャーシューが3枚。しっとりして美味しい。

キャベツ、水菜は生でシャキシャキしている。

薬味は、白髪ネギ、青ねぎの小口切り、糸唐辛子。



春らしい穏やかな一杯

鶏チャーシュー

エビ

エビ味噌

別皿のレモン

自販機のPOP



戻る レポートの一覧に戻る